とわのこと その4

またしばらく間があいてしまいました

とわは変わらずご飯とおやつを食べて軽くお散歩へ行って
この前降った雪には大喜びで家のデッキで遊んでいました

しかし、確実に病状は緩やかにですが下降していると思います

さて、話しを戻します

わたしがドクターにお願いしたこと
とにかくお腹の腫瘍は摘出することが第一義
肺に関しては術後の様子をみて決めることにしたいと
ドクターも承知をしてとわはオペにのぞみました
肺の腫瘍のことがあるので酸素マスクを併用してのオペでしたが
とわは無事麻酔から生還してくれました

腫瘍はやはり脾臓ではなく盲腸の外側にできていました
切除後のブツを見せて頂きましたが
かなり大きくて見た感じもなかなかワルそうなヤツでした
そして、ソイツは病理にだしました

これで高カルシウム血症が緩和されるといいなと期待していましたが
そううまくはいきませんでした

# by mamizow-0126 | 2018-01-14 23:10 | Trackback | Comments(0)

とわのこと その3

すっかりブログが尻切れになってました。

とわは元気でご飯を食べて、お散歩にも行けるし、もう少し頑張ってくれるようです

さてブログの続きです

お腹の腫瘍が脾臓にあった場合
やっぱり破裂が怖いから切除する
肺はもうあれだけ大きなブツだからもう何もしないでおこう

これがわたしが決めたこと

しかし、主治医からは難色を示されました

肺を何もしないでおくと余命は一か月から一か月半
お腹のブツを切除までして肺は何もしないのでは意味がないようなことを言われました

主治医からは
●先ず肺の治療(抗がん剤)してお腹の腫瘍は様子をみる

●お腹の腫瘍はオペで切除 その後肺は抗がん剤

●がんの専門医へセカンドオピニオンを求める

という三つの選択肢を示されました

わたしが主治医に申し出たこと
お腹の腫瘍は切除したい
肺の抗がん剤はやらない
延命はしない
生活の質をあげる治療はする

そして、一番の願いは高カルシウム血症を改善させることでした


c0120551_15292062.jpg

c0120551_15292374.jpg
picは年末の病院でのとわです
随分痩せましたが元気です

# by mamizow-0126 | 2018-01-01 15:21 | Trackback | Comments(0)

とわのこと その2

とわはオペまでの間
カルシウム値と腎臓の数値を下げる為に大量点滴を投入していましたが
そのあいだに術前検査もおこなっていました
そして、新たな問題がレントゲンで発覚しました

肺のレントゲンをドクターと一緒に見て
その腫瘍の大きさに言葉がでませんでした
それぐらい大きな腫瘍

ホームドクターは肺とお腹の腫瘍の細胞を
長い針で採取もしてくれていました
病理にも出すけれど
肺の細胞を顕微鏡でみたところ組織球肉腫でほぼ間違いなし
お腹のほうはよくわからない細胞が取れている
でも、組織球肉腫とは違う。悪性には違い無さそうだと
それとお腹の腫瘍は当初脾臓にできていると思われていたがどうも盲腸の外側にできているっぽいと
とにかく脾臓と盲腸の間にある感じだと言われました

さてどうするか
いろいろな気持ちがこみ上げてきますが
決断しなければいけません


# by mamizow-0126 | 2017-12-11 20:18 | Trackback | Comments(2)